債権回収費用の疑問

債務者が貸付金や売掛金の不払いを起こしたとき、弁護士に相談しようと考える人もいると思います。しかし、普段はなじみがないため、どれだけ費用がかかるかわからないかもしれません。そこで、当サイトでは弁護士による債権回収の費用についてQ&A形式でまとめました。

まずは依頼費用の相場に対する疑問です。債権回収に成功しても失敗しても支払う着手金は20万円程度ですが、成功報酬は債権の金額によります。そのため、一概に相場の金額を表すことができません。ただし、費用倒れにならないよう、ある程度まとまった金額のときに弁護士を検討するほうがよさそうです。

手続きにかかる実費への疑問も見てみましょう。債権回収では主に4種類の実費が発生すると考えられます。具体的な内訳は、内容証明郵便の料金、公正証書作成料、訴訟費用、強制執行費用です。実費は着手金や成功報酬とは別に発生するため、どれくらいの金額が上乗せされるかをあらかじめイメージしておくとよいかもしれません。

債権が少額だった場合、弁護士に依頼すべきかと疑問をお持ちの方もいます。数万円程度の金額なら、自分で内容証明郵便の送付や法的手段を取るようにしましょう。自分で対応したときの費用も説明しますが、弁護士に依頼して費用倒れになることは防げるはずです。

当サイトでは、債権回収のために弁護士へ依頼する費用について、皆様が悩みがちなことをまとめました。当サイトが疑問を解決できる場となれば幸いです。